コスパ最高スパニッシュアメリカン(語学学校)

バレエアーツに1年通ったあと、スパニッシュアメリカンという格安語学学校に転校しました。

 

 

当時はタイムズスクエアハードロックカフェと同じビルにありましたが、今はペンステーションの近くに移動しました。

 

スパニッシュアメリカンというだけあって、先生はほとんどラティーノでした。他は、ロシア人の先生が2人と黒人の先生が1人だったかな。

 

 

大嫌いだった語学学校になぜまた通い始めたかというと、その頃コミュニティカレッジで勉強したいと思いが芽生えはじめたからです。

 

 

コミュニティカレッジに行くにはTOEFLが必須だったので、文法のクラス(grammar)、会話のクラス(conversation)、あとTOEFLクラスを2コマ取りました。

 

 

 

ここは、本当にゆるーい学校だったので、最低週3日行けばOKでした。先生たちは真面目に教えてくれるし、日本人も少ないので、他の学校よりコスパはいいんじゃないかと思います。

(あ、でも男性の先生はあまりちゃんとやってない人が多いように感じました。女性の先生のクラスを取ったほうがいいかも...)

 

 

 

ここは学費が1ヶ月350ドルくらいでした。長期で申し込むほど安くなります。そして週ごとに分割でも払うことができるので、留学生のお財布にも優しいです。短期間の申し込みでも2年有効のI-20が発行されることには驚きでした。

 

 

 

 

授業の時間は朝、昼、夜と選べ、英会話以外にも会計やフォトショップ、コンピュータのクラスもあるので、社会人の留学にはオススメの学校です。

 

 

こういった格安語学学校は留学エージェントは教えてくれないので、現地に着いて知り合いに教えてもらうことがほとんどです。

 

 

 

他に格安語学学校で有名なのが、

ブルーデータインターナショナルです。

 

チラ見したことしかないのですが、とても綺麗なビルに入っています。ただ、バイト漬けの日本人がたくさんいると聞き、それがなんとなく嫌だったのでスパニッシュアメリカンを選びました。

 

 

 

私の個人的な意見としては、語学学校はどこに行っても本人次第で伸びる人は伸びると思いました。ただ、格安語学学校だと周りにつられて勉強しなくなるようにも思いました。

 

学費が高ければ良いということもないけど、できればコミュニティカレッジESLに行くのが1番いいんじゃないかなと思います。私は今からでも行きたい...

 

 

 

 

コミュニティカレッジに行く計画は、結婚やら出産で中断してしまいましたが、こどもが手がかからなくなったら、通いたいと思っています。

 

 

 

自分に言い聞かせてみる。

【勉強したくなった時がその人のタイミング】

1年通ったバレエアーツ(Ballet Artrs)

語学学校が想像以上に退屈で、全く行く気にならなかった私は、入学1ヶ月でBallet Artsというバレエの学校に転校しました。

 

語学学校の学費は少ししか返金されないとわかっていたけど、それでも行きたくなくて転校しました。

 

転校の手続きは結構簡単で、転校先から入学許可証(I-20)を発行してもらい、残高証明を提出すれば手続きは完了です。

 

 

さてさて本題のバレエアーツ。

場所はカーネギーホールの向かいのシティセンターの中にあります。

f:id:taiyo27:20170731100830j:image

 

今年で80周年から90周年(どっちだっけな?)を迎える老舗ダンス学校です。

 

f:id:taiyo27:20170731103229j:image

 

ここは学生ビザ(F-1VISA)を発行しているダンス学校にしては比較的学費が安く、おまけにアテンダンス(出席日数)もゆるいので、ビザをキープするために来てる留学生がたくさんいます。

 

学費は、私が通っていた時は確か1ヶ月500ドルだった気がします。今は値上がりしたと聞きました。

 

 

 

 

バレエアーツの入り口は6階にあります。

女性更衣室に直接向かう時は、エレベーターの6Mボタンを押します。

f:id:taiyo27:20170731101530j:image

 

狭ーい更衣室の横には狭ーい階段の踊り場があり、私はいつもそこでストレッチをしてました。

 

ミュージカル『コーラスライン』の♪せまーい階段のうえーって歌が聞こえてきそうです。

f:id:taiyo27:20170731101842j:image

 

 

 

バレエアーツはスーパー初心者のクラスから、プロレベルのレッスン、その他ヨガやピラティスといったボディケアのクラスが1日中やってます。素晴らしい先生もたくさんいます。しかもスタジオも超広いです。どのくらい広いかというと、ピケ、ピケ、ピケ、ピケ、ストゥニュ、ストゥニュ、シャッセ、アラベスクが2セットできるくらいです。

 

 

が、

 

 

しかし、

 

 

毎日通うとなると結構しんどいです。

規定の一月50クラスを達成するのは思ってるより大変でした。(私はいつも達してなかったけど。)

 

ニューヨークにヒップホップなどのストリート系のダンスをしにきた人にはかなりの苦行だと思います。バレエはダンスの基礎だから絶対にためになるけど、やっぱり他のジャンルの人にはつまらないと思います。

 

 

私は1年通ってみて、バレエアーツに行って良かったと思ってるし、基礎の大切さを改めて実感したけれど、バレリーナになるわけでもないのに、ここに2年も3年も通う意味が見出せず、1年でまた語学学校に戻りました。

 

 

 

今はオープンクラスで好きな先生のレッスンを受けています。趣味で通うにはとても良いスタジオだと思います。

 

f:id:taiyo27:20170731103213j:image

 

自分に言い聞かせてみる。

【心に?が浮かんだら方向転換】

NYバイト事情

SOHOのお洒落なカフェで可愛いエプロンかけてベレー帽かぶってエスプレッソ作って...

 

 

 

なんてバイトにはなかなかありつけません。

 

 

渡米間もない人にできるアルバイトといったら、

 

 

日本食レストランのウエイトレス(ウエイター)もしくは、食器下げ専門のバスガール(バスボーイ)

 

日系スーパーのレジ、品出し、お惣菜作り

 

ベビーシッター

 

宿の掃除やカギの受け渡し業務

 

カラオケバーや飲み屋の接客業

 

 

このくらいです。

 

英語が喋れないことや、労働許可がないことをいいことに、すごーく安く使われます。

 

 

ではでは、気になる時給の発表です。(私の経験をもとにしているので、場所によって多少前後しますのでご了承ください。)

 

 

 

まずレストラン。

時給$3〜$5 +チップ

もしくは時給$9〜11チップ無し

チップは最初は50%くらいから始まり、ベテランウエイトレスになるとたっぷり(ディナーで$100前後)もらえるようになります。

 

 

 

次は日系スーパー。

レジ打ち品出しは時給$8〜9

お惣菜作りは時給$7〜8

 

日系スーパーの手巻き寿司部門の面接に行ったことがあるのですが、あまりの時給の低さにびっくりしてお断りしました。

 

 

次はベビーシッター。

日本人の相場は時給$12〜$15くらい。

私はニューヨークに来てからずっとベビーシッターをやっていました。時給$15で長ワガママ小学生、時給$13で二人兄弟(幼児)のシッターをしていました。

こどもの世話ほど疲れるものはありませんね。

 

ベビーシッターを経験して言えることは、絶対に私は学生ベビーシッターを雇いません。だって私いつも昼寝してたもん。爆

 

 

次に宿の管理バイト。

これは単発だけど、小1時間で$40前後貰えるので結構美味しいバイトでした。airbnbをやってるアパートを2箇所掛け持ちしていたので、観光シーズンの夏と年末はホクホクでした。

 

 

最後は飲み屋ですね。

だいたいどこも時給$15です。

あとはお酒飲んだり、お客さんを連れてくれば、頑張った分だけもらえます。ただ深夜帰りは大変です。

 

 

 

 

 

といった感じなのですが、この時給で家賃と学費を払っていくのは結構大変でした。1日10時間以上ベビーシッターしている日もありました。大変なバイトでしたが、自身の育児にかなり役に立っているので、ベビーシッターは本当に経験しておいて良かったです。

 

 

 

生きていくためには、これはやだあれはやだなんて言ってられませんでした。

 

自分の心に言い聞かせてみる。

【まぁ、いつか役に立つ日がくるさ】

 

 

まさか母になるなんて

私はアメリカで母になった。

こんな人生誰が予想した?

 

 

 

 

 

かつて私が通っていた高校には英語科があった。

 

『将来外国に住む気もないのに、英語の勉強する意味がわからん。英語科のひとすげー。』

 

とか言っていた。

 

 

 ヘイヘイヘイヘイ、

16歳の私どんだけ視野狭いんだよ。笑

 

 

 

 

 

 

私がニューヨーク行きを決心したのは23歳の時。

職場の先輩が1ヶ月間ニューヨークに滞在したことがあると聞き、私もやってみたくなったのです。(単純)

 

 

とりあえず3か月行ってみよう。帰国後の事は帰ってから考えればいーや。まぁ30万あればなんとかなるでしょ。

 

 

 

そんな感じて旅ったのです。

 

 

 

 

帰国後、

 

 

ニューヨーク戻りたい戻りたい戻りたい戻りたい。

ニューヨークじゃなきゃやだやだやだやだやだ。

 

 

となりました。

でも、ビザもない、お金もない、仕事もない。

 

 

 

 

 

そこから1年計画で必死にお金を貯めました。本当に本当にこの1年は大変でしたが、ニューヨークに戻るためにひたすら働きました。この1年で出会った人々は、みんな私を応援してくれました。だから頑張れました。もう連絡を取ることがない方がほとんどですが、心から感謝しています。

 

 

 

 

そして2014年11月3日、再びニューヨークの地に降り立つことができました。

 

 

そこからまた闘いの日々。

 

 

でも、日本での苦労と違ったのは、ものすごい勢いで上に引き上げてくれる人に次々と出会えたこと。

 

 

お金はいつだってカツカツだったけど、知恵や経験をたくさん与えてもらった。おかげで、見たことのない景色をたくさん見せてもらうことができた。

 

 

だから良くしてくれた人たちの恩に報いるように、自分のできることを出来る限りやった。とにかく動いた。

 

 

そして次に舞い降りたご褒美...

 

 

 

プロポーズ。

 

 

自分でもびっくりした。

 

もうこのままダラダラ学生してても先が見えないかもと悩み始めた時期だった。

 

まさか自分が結婚する日がこんなに突然来るなんて思いもしなかった。ただ、よく帰り道にひとりトボトボ歩きながら、『家族が欲しい』と願っていたことをふと思い出した。

 

 

 

プロポーズの答えはもちろんYes。

 

 

 

 

 そして翌年の2月にこどもが産まれました。

アメリカの病院で産んだので、息子の国籍はアメリカ人。(21歳までは二重国籍ですが。)

 

 

その後無事グリーンカード(永住権)も届き、私は留学生から合法的なアメリカ在住者となりました。

 

 

 

 

こんな展開誰が予想した?笑

自分でも自分にびっくりする。ただひとつ言えるのは、限界までやったら必ずお助け船がやってくるということ。

 

 

自分の心に言い聞かせてみる。

【天からのご褒美はかなり太っ腹】

 f:id:taiyo27:20170729143957j:image

アメリカに来て太る?痩せる?

アメリカに行く、と言うと

『帰って来る頃にはアメリカンサイズになってそうだね。』

と言った声が聞こえてきたりします。

 

 

だって街中に

 

こんなカップケーキや

f:id:taiyo27:20170729134902j:image

 

こんなパンケーキや

f:id:taiyo27:20170729140105j:image

 

こんなでっかいティラミスやチーズケーキや

f:id:taiyo27:20170729140120j:image

 

こんな...

f:id:taiyo27:20170729140203j:image

 

フライドチキンが乗ったワッフル!?

 

 

 

 

 

 などなど、高カロリーグルメで溢れているのです。

おまけに量が半端ない。

 

 

 

で、実際のところどうかというと...

 

 

 

 

 

 

私の場合は

 

太る→太る→痩せる→太る→妊娠で11キロ増し→痩せる→太る→痩せる

 

です。(2014年11月〜2017年7月末調べ。)

 

 

 

私の太った要因は...

 

でかいサイズに慣れてしまった。

バイトのまかないを山盛り食べてた。

スタバで甘いドリンクを買うのが癖になってた。

飲み仲間と飲みすぎてた。

臨月の時はストレスフリーで食べまくった。

 

こんな感じです。ハーゲンダッツ大も、特大ポテチも、普通にひとりで食べ切れるようになりました!(自慢になんねー。)

 

 

 

 

そして、逆に痩せた要因は...

 

超ストイック健康志向な一部のニューヨーカーの真似をしてみた。

食品添加物を避け始めた。

節約のためにも家で食べるご飯をめちゃくちゃ質素にした。

ピタッとした服や、短パンを買って、自分にプレッシャーをかけてみた。

 

 

 

 

 

今は筋肉がだいぶついて見た目はちょっと太めですが、体重は21歳の頃と同じです。

 

 

普通にポテチもアイスも食べるけど、上記の痩せた要因をうまーく生活に取り入れれば、激太りすることはありません。(今の所。)

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、でも日本に行ったら普通にデカイ女として扱われるんだろうけどね。爆

 

自分の心に言い聞かせてみる。

【世界標準で見れば私は細い】

 

それでいいんだよ

って言ってくれる先生がいたらどんなに救われたことか。

 

 

これは、私の10代の頃の話。

 

 

小学4年生くらいからかな、

『なんか周りと違うなぁ』

という気持ちをずっと抱きながら生きてきました。

 

 

図工の時間、なんでみんなと同じように作れないんだろうっていつも悩んでました。

 

国語のテストの時間、文章から答えを見つけ出すことができなかった。文章を読んでも読んでも頭に入ってこないし、字がただの羅列にしか見えない。

 

中学校の頃は、どうしてみんなみたいに上手に人間関係を築けないんだろうって。

 

高校時代に至っては、行く意味がわからなかった。

(こんな変な私と今でも仲良くしてくれてる高校時代の友人には本当感謝しかない。)

 

そして専門学生時代。

この2年は黒歴史である。笑

 

 

 

といった感じで、いつもなぜか周りと馴染めない感があったのです。

 

 

唯一私が無心になれた場所は、幼少期から通ったバレエ教室、中学校の新体操部、アルバイト先のファーストフード店。

 

 

バレエの先生と、新体操の顧問の先生と、アルバイト先のパートの主婦さんは、自分ではわからない私の良さを、すごく褒めてくれた。

 

 

『そのまま』でいることをすごく尊重してくれた。

 

 

 

 

 

 

 

大人になって、海外に飛び出して色々な価値観に触れて、さらにこどもを産んで、10代の頃よりだいぶ成長した私は、やっと自分が苦しんでいた理由がわかってきたし、すこーしばかり学習障害があるということにも気づけた。

 

 

 

人付き合いができないのではなくて、心を開かない上部だけのつきあいに意味が見出せないだけ。

 

文章が頭に入ってこないのは馬鹿だからじゃないし、大人数が集まると頭がフリーズしちゃうのも馬鹿だからじゃない。

 

 

 

 

 

少々の欠点は目を瞑り、いいところをもっと良くする教育にもっと早く出会いたかった。

  

 

まぁ遅いということはないと思うので、これからは自分が自分の先生になって、『それでいいんだよ』って教育してあげようと思います。

 

 

自分の心に言い聞かせてみる。

【それでいいんだよ】

 

語学学校つまんねー!!

学生ビザをとったからには、必ず何かしらの学校に行かないといけないのですが、私にとって語学学校は、それはそれは退屈な場所でした。

 

 

私が最初に通ったのは、『ZONI』という世界中に支部があるマンモス語学学校です。授業料は真ん中レベルだけどまあまあします。教科書代も高い。日本人もたくさんいました。本当に本当につまんなくて、初日で辞めたくなりました。

 

 

 

時間が合わないのかなと思い、午前コースと午後コース両方試してみて出た答え...

 

 

 

 

 

1日5時間も座ってらんねーよ。笑

 

 

 

 

 

 

 

ZONIは出席日数に厳しいので、連続して休んだら即強制帰国です。英語で言うと『Kick out!!』

 

 

 

というわけで、出席日数ギリギリをキープしながらなんとかかんとか通ってみるも、1ヶ月でもう限界。急いで転校の手続きをすることになるのです。

 

 

 

自分に言い聞かせてみる。

【イヤイヤやっても身につかなくない?】